グラシュープラスで仕事の忙しさから目の青クマが左目にできる23才


目の青クマで悩む23才が悩みを改善出来た方法

 

社会人になると、急激に目に青クマが出来る人が増えます。

学生時代とは違って、頭も体も疲労しやすくなってしまうのです。

 

はじめのうちはコンシーラーで隠すことも出来ますが、
色が濃くなればなるほど、メイクだけでは隠すことが難しくなります。

 

新しい一歩を踏み出したのに目に青クマを作ってしまっては、少しさみしいですよね。

明るい社会人をスタートさせるために、
23才の女性に出来ることはなんでしょうか。

青クマが出来てしまうのはなぜ?

目の下は、顔の中でも特に皮膚が薄い箇所です。

主に冷えやドライアイが原因で青くなってしまいます。

 

まれにストレスや眼精疲労で青クマが出来てしまう人もいるので、
温めるだけでは改善出来ないケースもあります。

多くの場合、青クマはマッサージで解消すると言われています。

 

また、体全体のめぐりを改善することで、目のまわりも血流を改善出来る可能性もあります。

 

グラシュープラスは本当に青クマを改善出来るのか

グラシュープラス
は、目元に潤いを与えて乾燥を防ぎ、
美白効果ももたらしてくれるアイクリームです

 

目元の皮膚は特に薄く、乾燥しがちです。そのため、
肌サイクルも乱れてしまいます。

 

また、血流が悪くなると肌色がくすんでしまい、
青クマになってしまいます。

そこで、いつものスキンケアにグラシュープラスを加えて、
優しくマッサージをしてあげましょう。

 

トリプルヒアルロン酸とダブルコラーゲンが超保湿を実現し、
ナノ化セラミドが乾燥を防ぎます。

 

ヒメフウロエキスやシルバーバイン果実エキスがシミやくすみを改善し、

美白成分プラセンタエキスがメラニンの生成を抑えることで、皮膚の色素沈着を防ぐことが出来ます。

 

入浴後の体が温まったときにはもちろん、
朝の洗顔時にもあたためたタオルなどを目元に当ててからグラシュープラスでマッサージをすると、

より高い効果を期待することが出来ます。

 

 

改善出来ないクマもある?

目の下のたるみによる黒クマや、慢性化して濃いシミになってしまっている茶色いクマには、
効果を感じないケースもあります。

 

クマにもいくつか種類があるので、
グラシュープラスだけですべてのクマが改善されるわけではないのです。

色で隠すクリームではありません。

 

塗ってすぐに青クマが目立たなくなるわけではないので、数日で効果の有無を判断するのはやめましょう。

ただ肌に乗せるだけよりも、指の腹でマッサージしてあげる方が、より高い効果を感じやすくなります
。ただし、強く押したりこする塗り方は避けましょう。

 

 

 

仕事が忙しくても青クマに負けないで!

青春真っ盛りの23才で青クマに悩まされるなんて、とてももったいないことです。

若い肌はすっぴんもキレイですから、
グラシュープラスでとっとと青クマとサヨナラしましょう。

バランスのとれた食事や質の良い睡眠時間の確保も大事です。

 

体の中から健康を目指すことも、青クマを退治する大事な要素のひとつなので、
忘れないでくださいね!

 

目元の悩みにこれ1本の実感アイクリーム!

 

 

 

 

 

 

関連記事

50代の女性に教えたい結果の出る人気のアイクリームランキング