グラシュープラスとアイキララの違いは?36才で瞼の縦線予防改善

目元は見た目年齢に大きく関わる箇所のひとつです。放っておくとメイクでは隠せなくなってしまいます。
しかし、疲れていたり年齢を重ねると、どうしても目元に小じわが出来たりクマが出来てしまいます。

 

化粧水や美容液で肌と同じようにしっかり保湿することも出来ますが、やはり目元にはスペシャルケアをしてあげた方が良いでしょう。
グラシュープラス アイキララ

 

は、目元のケアに優れているアイクリームです。

 

目元の特徴に合わせた成分と効果で、原因に直接アプローチします。いつものスキンケアにプラスするだけなので、
特に難しい使い方をするわけではありません。はたして36才からのエイジングケアで、瞼に縦線が出来ないよう予防することは出来るのでしょうか。

 

グラシュープラスとアイキララの特徴


グラシュープラス は、目元のシワやたるみ、シミやたるみにも効果を発揮します。

 

新陳代謝の衰えや外的刺激によるダメージが肌の乾燥を招き、
小ジワやたるみの原因となってしまいます。

 

そこでグラシュープラスは、トリプルヒアルロン酸とダブルコラーゲンで超保湿を実現しました。

 

また、ナノ化セラミドを配合することで肌の乾燥を防ぎます。その上、シミやくすみ対策のヒメフウロエキスやシルバーバーン果実エキス、
美白効果のある美白成分プラセンタエキスも配合されているので、目元のトータルケアをすることが出来ます。

 

アイキララ

 

は、目の下の痩せに効果を発揮します。年齢とともに目の下の悩みが増えるのは、皮膚が痩せることが原因です。


 

コラーゲンが減少するとハリやふっくら感が失われてしまいます。

 

皮膚が痩せると筋肉の色など下の色素が透けて見えてしまうため、
影のように見えてしまうのです。アイキララには、ビタミンC誘導体の一種であるMGAが配合されており、
肌にハリと弾力を付与します。健康的なふっくらした肌は健康的な肌色をキープしてくれるだけでなく、
肌サイクルを整え生き生きとした印象を与えてくれます。

 

グラシュープラスとアイキララの違い

どちらも目元の悩みを改善するクリームです。

グラシュープラス は、目のまわりを保湿することで、くすみやシミ、シワやたるみを改善することが出来ます。

 

主に40代を過ぎたころから使いはじめる人が多く、通常のスキンケアだけでは目元ケアが十分に出来ないことがきっかけになっているようです。

 

現代ではスマホやパソコンを長時間見つめることも多く、36才で瞼の縦線に悩まされる人もいます。

 

アイキララ

 

は、保湿することで肌をふっくらさせて厚みを持たせ、影を薄くすることで健康的な肌へと改善していきます。

 

愛用者の中には目の下のクマに悩まされている人も多く、コンシーラーやファンデーションでも隠し切れなくなった人が、
根本的に改善したいと考えているようです。年齢に関係なく使用している人が多いので、36才のリピーターも数多くいます。

 

 

36才の瞼に適したアイクリームはどっち?

今までのエイジングケアでは不十分と感じ、目元全体を改善したいならグラシュープラス を取り入れると良いでしょう。

 

特に、くすみやシミ、シワを改善したい場合は、たっぷりのコラーゲンとヒアルロン酸、セラミドでうるおしてあげると高い効果を得ることが出来ます。

 

皮膚の痩せを改善したいなら、アイキララは効果的です。目のまわりの薄い肌に強い刺激を与えることなくケアすることが出来ます。
特に目の下のケアに特化しているので、暗い印象を改善したいなら効果的です。

 

見た目年齢は変えられると信じて

人は目を見て話すものです。ですから、目のまわりは相手に大きな印象を与えます。

 

また、肌の薄い箇所なので、あまり強くマッサージしたりメイクを厚くぬると、逆効果になりかねません。
グラシュープラスとアイキララは、目のまわりの悩みに根本から働きかけます。

 

いつものスキンケアにプラスするだけなので、取り入れるのは難しくありません。
36才から本格的なエイジングケアをはじめるなら、良いチャンスかもしれませんね。

 

 

 

関連記事
グラシュープラスをamazonより1番安く購入!しわを消す秘策のトップページに戻ります